HOME>イチオシ情報>耳の聞こえが悪くなってきたら、それは脳の病気かもしれません。

この病気の特徴とは

補聴器

聴神経腫瘍、なんだかあまり聞きなれない言葉ですが耳の病気なのではないかということは、その字の通り創造出来ますね。聴神経腫瘍とは耳の奥に出来る良性の腫瘍です。急に大きくなることはなく少しずつゆっくりと大きくなります。悪性ではないのでそれ程危険性はないのですが放っておくと治療が大変になっていきますので、気づいた時点で信頼できる医師に診てもらう事が大切です。まず、最初に出てくる症状としては最も多いのが聴力低下です。この腫瘍は聴神経の周りから発生するので徐々に聞こえにくくなってくるのが特徴です。それ以外に顔面の麻痺やしびれ、めまいなどが出てくる事があります。似たような症状の病気で「メニエール病」がありますが、メニエール病は耳の病気、聴神経腫瘍は脳の病気なので正しい診断をしてもらうことが大切です。

何科で治療するのか

女性

聴神経腫瘍にかかったら、この病気は脳腫瘍の一種なので脳神経外科での診察になります。ですが、初期症状が聴力低下なので耳鼻咽喉科に行って診察してもらい脳神経外科を紹介されるというケースもあります。初期症状はなんとなく聞こえが悪いなど放っておきがちな軽いものですが、腫瘍が大きくなってくるとめまいや耳鳴り、顔面がしびれる、嚥下障害など症状が段々深刻になり最終的に「開頭手術」になりますので、症状が軽いうちに治療を開始すれば負担も軽くなります。

信頼出来る病院の選び方

レントゲン診察

脳神経腫瘍は良性の腫瘍なので、慌てて治療をする必要はありません。患者の年齢や状態によって治療方法を決めていきます。治療方法もいくつかあり、「手術で切除する」「放射線治療をする」「とりあえず、様子をみる」と様々です。良い医師とは不必要な治療や手術は行いません。聴神経腫瘍は突然命を奪うような危険な腫瘍ではないので検査をしながら様子を見ていけば良いのです。ですので無理に手術や治療を進めてくる病院は避けましょう。良い医師がいる安心出来る病院は人気があるので混んでいるかもしれませんが、慌てる必要はないので病院選びは慎重に行いたいものです。

広告募集中